現代のマーケティングは相互通信が必須です

現代は誰もが携帯やスマホを持っていて、自宅にもパソコンがあり常にインターネットを利用できる時代となっています。
そのため、マーケティングにインターネットの利用が欠かせないものとなっており、多くの企業が商品広告、情報を提供するためにインターネットを利用しています。

これまでは商品やサービスなどユーザーに知ってほしい事を、企業から発信するという事だけにインターネットが利用され、またテレビや雑誌の広告などが行われてきました。
企業は自社が売り出す主軸の商品やオススメできるサービスなどを、不特定多数の方々に知らせるため、広告に莫大な費用を費やしてきました。

インターネットが利用されるようになってから広告費用は格段に低くなってきましたが、それでも、商品情報の提供は常に行う必要があり、企業や店舗は情報を発信し続けてきました。
しかしそれだけでマーケティングといえるのか、いえ、やはり情報発信だけでは有効的なマーケティングが出来ていると考えにくいのです。

テレビでも相互通信が可能となり、番組に視聴者がテレビの前から参加できるようになっています。
アンケートなどもテレビで発信し、リモコンボタンを利用してデータを集めることが可能となっているのです。
つまり、情報を発信し情報を得ることができるようになったという事です。
こうした相互通信は今マーケティングに欠かせないものとなっています。

人々のニーズを探るために必要な要素を、マーケティングの中に活かしていかないと、現代の理想的なマーケティングとは言えないのです。
当サイトは人々のニーズを知る必要性がある事をマーケティングに関わる方々にお知らせします。
当サイトが皆様のお役にたてたら幸いです。



~特選外部サイト~
ユーザーに自社を見つけてもらうインバウンドマーケティングについて紹介しています。
インバウンドマーケティング